大人の玩具 大人マン

大人マンで賢く買い物をする

18才以上 18才以下 スマホ表示へ切替



大人のおもちゃとは?
 大人のおもちゃとは、性行為の際に、性的快感を増幅し、性的欲望を十分に満たす目的で使用される道具である。

 また、マスターべションの際にも使用される。

 女性用・男性用のほか様々な形態、使用法のものがある。淫具とも言い、俗に大人のおもちゃとも呼ばれる。

 その目的により、形状、使用方法などはさまざまであるが、通常の性行為を楽しむ目的のほか、性機能障害や不感症の改善に役立つと一般には認識されていることもある。

 古くから、女性が性的快楽を追求する行為は不道徳的であると見なされていたため、これら器具の多くは男性の性的な願望を強く反映した物が多かった。

しかし最近では女性の性的な欲求も社会的に認知されるようになって、女性自身の発案による器具も多く出回るようになっている。

 形状もバリエーション豊かになり、今ではファッション性に富んだ物も多数開発、発売されている。

大人のおもちゃの歴史

 大人のおもちゃの歴史は古く、その起源ははっきりしないが、紀元前より男性権力者の衰えた勃起能力の代用品として、張形と呼ばれる男性生殖器を模した器具が存在していたとみられる。

 石器時代には既に、そのような用途に用いられたと見られる石器が登場していたと見る説もあるが、古くは処女が初めて性交する際の出血で陰茎が穢れると考え、そのような器具を使用したと考える者もいる。(初夜権)

 記録に残る日本最古の張形は、飛鳥時代に遣唐使が持ち帰った青銅製の物が大和朝廷への献上品に含まれていたと云う記述があるそうで、奈良時代に入ると動物の角などで作られた張り形が、記録に登場している。

 江戸時代に入ると木製や陶器製の性具が一般にも使われ始めるが、一部では陽物崇拝の一環として、神社に奉納されるためにも用いられ、実用には適さないような、とてつもないサイズの張り形も見られる(→かなまら祭)。

 なお、この時期と前後して江戸城下には幾つかの媚薬や精力剤を専門に扱う店が生まれたが、その元祖と言われているのが1626年に創業した四ツ目屋であると云われている。

 現代では、高度な電子技術を駆使したバイブレータなどの製品は家内制手工業により製造されており、厳冬期の豪雪地帯での貴重な仕事・産業となっている。
日本製品は高い性能と品質を誇り、中国・韓国など近隣諸国でも人気が高い。

女性向けの大人のおもちゃ

ディルド(張形)

 大奥 鼈甲張り型男性性器を模した性具。金属性や木製・陶器製の物などは古くからあったが、近年では表面がゴムやシリコーンなどの、柔らかい素材のものが多く販売されている。

 しかし、逆に硬いガラス製の物も存在する。両端が男性器を模した物もあり、これは女性同士が楽しむために用いられる。また、ベルトやパンツに装着し、女性が男性器の代わりとして使用するペニスバンドもある。

バイブレータ

 振動により快感を得られる性具。女性の膣に挿入できるようになっており、性器や性感帯をその振動や動きで刺激し性的快楽を得ることができる。主にディルド型とカプセル型に分かれる。

男性向けの大人のおもちゃ

オナホール

 男性用の自慰用具。「オナニーホール」の略。男性器を女性器へ挿入する快感を再現するための膣口をかたちどった製品。使い捨ての物をオナニーカップ(オナカップ)という。

ダッチワイフ・ラブドール

 等身大の女性の形をした人形で、主に男性の擬似性交用として使用する。観賞や写真撮影の対象として扱われることもある。

前立腺刺激具

 商品名から「エネマグラ」と呼ばれることが多い前立腺マッサージ器。単に「プロステート(prostate:前立腺)」と呼ぶ場合もある。

 勃起不全や前立腺障害解消用の医療機器であるが、大人のおもちゃとして分類されることもある。

 肛門を介して前立腺を刺激することにより、女性のオーガズムに近い(射精をともなわない)快感(ドライオーガズム)が得られる。

 また、男性の肛門は性感帯として広く知られており、陰茎に触れなくとも、肛門に手指や器具を挿入するだけで射精が自然に起きることがあるとされている(これを俗に“ところてん突き”と言う)。

 不妊治療においての精液採取方法には「電気刺激射精法」と呼ばれるものがあり、性感に拠らずとも電極を肛門から挿入して前立腺を電気刺激することで射精が行える。なおこれは脊髄損傷などで下半身の感覚が無くても射精が行える方法でもある。

 女性の肛門よりも性感度は男性の肛門の方が大きい。
一説によると前立腺を肛門から触ることができるために快感を得たり、射精が起きたりすると言われている。

 また毛深い男性ほど肛門周辺の性感密集度は高く、愛好者筋に依れば肛門に発毛している男性はほぼ全員が訓練次第で肛門で性感を得る事が可能とされている。

男女両用の大人のおもちゃ

ローション

 性玩具用に「ローション」と呼ばれるこれらの液体は、強い粘性と潤滑性をもった水溶液で、摩擦を軽減させる効果がある。

これは「性具」というよりもむしろ消耗品だが、これを用いる事により愛撫の効果を高めたり、または様々な特殊プレイにおいて本来は肉体機能上で潤滑されない部分を潤滑(パイズリ・素股などのプレイが有名→ローションプレイ)させたり、また初心者や高齢者にあって性器が濡れ難くなっている場合などにも利用される。オナホールやバイブなどにも必要になります。